敏感肌がひどい

私はもともと敏感肌なのですが、乾燥しやすいこの時期はとにかく敏感肌がひどいです。

敏感肌の化粧水を使用しているのですがひどすぎて効果があらわれにくくなっています。

そもそも敏感肌とはそのような肌のことを言うのか知っていますか?

敏感肌という名前の病名はありません。しかし化粧品や肌がこすれたり、ストレスなどですぐに肌が荒れたり赤みがでてしまうことを一般的に敏感肌と読んでいます。

また敏感肌になってしまう原因はストレスや化粧品以外にも食生活や花粉、アレルギーなどが原因で敏感肌になってしまうケースもあります。

原因は様々ですが、つまり肌が敏感に反応してしまうということですね。

どのような肌が敏感肌なのか?

敏感肌とはどのような状態の肌のことを言うのでしょうか?

ただただ敏感に反応してしまう肌ということではなく、敏感肌というのは肌のバリア機能弱くなっている状態です。

バリア機能が低下した肌は外からの刺激に弱く、ちょっとしたことで赤みが出るなどの敏感肌の症状が出てしまうのです。

化粧水などに含まれるわずかなアルコールや、間違ったスキンケアなどによって敏感肌が引き起こされる場合があります。

食べ物も敏感肌には大切

食べ物と敏感肌には大きな関係があります。

人間というのは食べるもので健康維持など様々な部分に繋がっていきます。

それは肌も同じで敏感肌になりにくくする栄養素を摂取することで、敏感肌を対策することも可能です。

敏感肌の人は肌のターンオーバーが上手くいっていない人が多く、ターンオーバーを促すための栄養素を補給していきましょう。

ターンオーバーを促す効果がある栄養素はビタミンAです。ビタミンAを積極的に補給して新しい皮膚を作る環境を整えましょう。

ビタミンA が多く含まれる食べ物が卵、緑黄色野菜、レバーなどにたくさん含まれています。

敏感肌を改善するためには食べ物にも気を配る必要があります。

参考サイト敏感肌の人のための化粧水ガイド